カテゴリー別アーカイブ:

兎29

145334_u29_0

145334_u29_1

145334_u29_2

151120_u29_3

145334_u29_4

145334_u29_5

145334_u29_6

すらっとした、モデルのような体型のJKです。
雑踏の中で彼女を見つけた瞬間、一目惚れしてしまいました。

場所が場所ということもあり、パンツを確認するのにかなりの時間を要しました。
こんな娘が生なわけがない。むしろ、重ねであれば諦めがつくのに。
そんなことを思いながら、恐る恐る確認すると、そこには予想を裏切る「純白」が……
撮らないわけにはいかなくなってしまい、それから40分近い粘着の旅が始まりました。

初めはヒットアンドアウェイで、タイミングを計りながら狙っていきます。
この日は直前まで雨が降っており、天気がいまひとつスッキリしなかったのですが、
徐々に晴れてきたことで、光をうまく取り込むことができるようになります。
追い撮りが中心のため、少しバタバタした展開になっていますが、
ポイントとなるシーンでは、綺麗にパンツを収めることができたと思います。

都会の中で出会い→駅で撮影→乗り換え駅でも撮影して→目的地の駅へ、という内容です。
電車の中や、電車待ちのところでは、ポジションや精神力の都合により、うまく撮影できませんでした。
目的地の駅に到着した後も、澄み渡った空の下で、まだまだ粘れるような気もしたのですが、
個人的に良くない思い出のある土地だったため、早々に離脱しています。

後から見返してみると、後悔が残るシーンも目につきますが、
リスクの高い状況の割には、なかなか良く撮れたかなとも思っています。
今風のオシャレなJKがお好きな方は、ぜひご覧になってみてください。

一部、消音している箇所があります。

〇収録人数:1名(顔モザ無し)
〇再生時間:5分18秒
〇解像度:1920×1080
〇フレームレート:60fps



mirror download


兎26

170739_u26_0

170739_u26_1

170739_u26_2

170739_u26_3

170739_u26_4

170739_u26_5

170739_u26_6

間違いなく、クラスの上位階級に属するJKです。
私たちがJKに求める物の多くを持っていると思います。
出会った瞬間に一目惚れし、そのお姿だけで1分以上撮影してしまいました。

逆さは、追い撮りが中心となりますが、
かなり短いスカートを履いてくれていたため、比較的うまく撮れていると思います。
天気が良かったこともあり、何回か、素晴らしい明るさに恵まれたシーンもあります。

初めに電車を待つ駅のホームでは、絶好の天候だった上に、
同じホームにお子さんや外国の方しかおらず、チャンスだと思ったのですが、
逆に人が少なすぎたため、彼女の後ろに並ぶと明らかに不自然な状態になり、
そこで無茶をすれば対岸のホームから人が飛んで来そうな気がして、攻めきれずにいました。

しかし良いタイミングで、向こうのホームに電車が進入し、壁になってくれたため、
運良く、通常では難しい状態で撮影することができました。

移動中の車内では、可愛らしいお顔をたっぷりと収めさせていただき、
到着後にも、ホームから駅を出るまで追いかけ、さらにしばらく粘着させてもらいました。
本人から怪しまれている雰囲気はなかったと思いますが、
取れ高が増えるに連れて第三者の視線が気になるようになり、よきところで離脱。
無事に持ち帰れた映像は、お気に入りの宝物として重宝しています。

女子力の高くキラキラしたJKがお好きな方は、ぜひご覧になってみてください。

一部、消音している箇所があります。

〇収録人数:1名(顔モザ無し)
〇再生時間:6分35秒
〇解像度:1920×1080
〇フレームレート:60fps



mirror download


兎23

211703_u23_0

211703_u23_1

211703_u23_2

211703_u23_3

211703_u23_4

211703_u23_5

211703_u23_6

くるくる巻いたポニーテールの可愛らしいJKです。
下校時間中に張り込みをしていたところで出会いました。

急いでカメラのスイッチを入れ、確認すると「白」。
この日はハズレばかり引いていたこともあって、即座に粘着することを決めました。

ただ、思いのほか警戒心の強い娘で、確認のために最初に接近して以降、
ずっと後方にいる私を気にする素振りを見せたため、あまり粘れずにいました。
大幅にカットしたシーンの中では、実はかなりのせめぎ合いが行われています。
警戒を解くため、あえて彼女の視界から消える行動を取る必要があり、
撮るべきところで撮れなかったことは、我ながら不本意でした。

しかし、その甲斐あってか、
しばらくの後に立ち寄った雑貨屋では、先ほどまでの警戒は嘘のように、
メイク道具を選ぶのに夢中になってくれていたため、無警戒の状態に。

彼女の後ろを、不審者を丸出しにしながら6~7往復ほどしました。
その中で、2度ほど、前屈みの瞬間もゲットできています。
ここは、光の加減もバッチリ噛み合ったため、お気に入りのシーンです。

レジから出てくるところを待ち伏せし、もう少し粘ろうと思いましたが、
再び警戒を買ってしまったため、そこでお開きに。
それまでになんとか刺激的な瞬間を押さえることができて良かったです。

一部、消音している箇所があります。

〇収録人数:1名(顔モザ無し)
〇再生時間:3分58秒
〇解像度:1920×1080
〇フレームレート:60fps



mirror download