JK専門ストーカーの粘着パンチラ撮り vol.17 (8/8)

15023839_img

15023839_img_sub1

15023839_img_sub2

15023839_img_sub3

日々出会うJKちゃんの中から特に無防備で無警戒な娘に目を付け、一度ならず複数回にわたってパンツを撮影します。
登校時間を調べてその時間に待ち伏せし、やってきたら何食わぬ顔で追跡して電車を待つ位置でスカート内の撮影を開始。
重ね履きがスタンダードになっている昨今でも生パンであることを確認したお気に入りのJKちゃんを尾行追跡や張り込み待ち伏せ等で何度も撮影に及びます。

今回の被害者は過去に販売していた映像においてチョイ役で映り込んでいたJKちゃんです。
当時はラフな格好で映り込んでいましたが、本シリーズでは当然すべて制服姿。
参考にならない個人的な好みでしかありませんが、これまでのシリーズの中では一番好きな娘です。
(あくまで個人的な好みです)

笑顔に愛嬌があって絵に描いたように無邪気な娘ですが、スカート丈はとても短く、その下はいつも生パンでした。
また、胸のサイズが割と大きい娘で、SNS上での友だちとのやり取りでよく胸のことがネタになっており本人もまんざらではなさそうに見られます。
本シリーズでも冬服から夏服に変わる中で、服の上からでもその膨らみがご確認いただけます。

※この商品はJK専門ストーカーの粘着パンチラ撮り vol.17の8編目です。
全20回の撮影のうち、本商品では19回目から20回目までをお届けいたします。
(もう1回分含まれておりますが、短いのでカウントしませんでした)
本シリーズの最終編となります。
靴から鞄へ変えた際に使用したカメラは様々な難がありましたので、再び別のカメラへ変えることとなりました。
このことによってスカート内をクリアにおさめることができた一方で、電車内で移動した先まで執拗に追跡して撮影したことが仇になり、これ以降は露骨な警戒を向けられるようになって撮影を継続することができなくなってしまいました。
カメラを新しくしたことによる勇み足という面もありましたが、今回の最終編もぜひお楽しみいただければ幸いです。
愛嬌のある可愛らしい笑顔が見られる同梱画像とあわせて、JKちゃんへのストーカー行為の記録をぜひご覧ください。

ノーカウント : 薄ピンクのサテンパンツ
19回目 : ピンク地+白水玉の綿パンツ
20回目 : 薄紫のサテンパンツ

なお、本シリーズから暫定的に、動画からキャプチャーしたサンプル画像や商品説明文の掲載による映像内容の概説は行いません。
誠に恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。
(少しでもサンプルがないと購入の判断ができない旨のご連絡を頂戴いたしましたので、サンプル画像を一部掲載いたします)

[動画データ]
10分12秒 / 1920×1080 / 30fps / 1.43GB / mp4形式 (H.264エンコード)

[画像データ]
SNS等から取得した画像10点
※画像データはスマホ版商品には付属していません。

・本商品には児童ポルノと定義される画像または映像は含まれておりません。
・本商品は実在する人物または実在する団体とは無関係です。
・本商品に付属の画像データは公開されたSNS上から独自に取得したものです。
・動画では顔、パンツにモザイク処理をしておりません。
・画像、動画等の転載を禁じます。




mirror download


関連記事

JK専門ストーカーの粘着パンチラ撮り vol.17 (8/8)」への10件のフィードバック

  1. 匿名

    まいちゃん、きみのおかげで2年分の射精が出来たよ。
    これからもシコシコするからね、今度会いに行くから宜しくね、どぴゅどぴゅw

    返信
  2. 匿名

    逆さの現場撮り(NO,26)
    逆さの現場撮り(NO,23)
    逆さの現場撮り(NO,16)
    逆さの現場撮り(NO,21)
    逆さの現場撮り(NO,17)
    もおねがいします。

    返信
  3. 匿名

    館長さん待ってました!
    (;´Д`)ハァハァ

    bormanさん作品たまらんです
    完走おねがいしまっす!

    返信
  4. 匿名

    待ってました
    この粘着シリーズが一番好きです
    しつこく撮影してくれるので興奮して気持ちいいし
    オカズだけでなくJKの日常観察に使えます(結局最後はヌクけど)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>